ホーム > 企業情報 > 会社沿革 > 1971年〜1980年
スペース

企業情報

Company Information

株式会社ニシケン 会社沿革

1971年〜1980年

ライン

創立者山下社長から2代目稲富社長の時代へ

株式会社 西建へ社名変更
高度経済成長の波に乗る


四角年表

ライン

・1972年(昭和47年)

  売上高10億円突破
  本社を福岡県久留米市東櫛原町に移転

・1973年(昭和48年)

  熊本県鹿本郡に営業所を開設、熊本県へ進出

・1977年(昭和52年)

  2代目社長 稲富 勲 代表取締役 就任

・1978年(昭和53年)

  「株式会社 西建」に商号を変更


四角ニシケンのあゆみ

ライン

1960年(昭和35年)の誕生から、”常にパイオニアとして使命を果たす”との理念のもと、当時としては類例がない建設機材レンタルに対して試行錯誤を繰り返しながら建設現場の声に合わせて新機材を次々と導入し、順調に成長を続けました。
売上高が10億円を突破した1972年、久留米市東櫛原町に本社新社屋が満を持して完成。
しかし、その翌年、大雨により本社近郊を流れる筑後川が氾濫を起こし、完成したばかりの本社が浸水の被害に・・・。
1977年、創立者 山下 隆に代わって、稲富 勲が2代目社長に就任。山下時代に培ってきた信頼と技術、そして優れた人材をもとに“地域のためになる体制づくり”を目指しました。
就任の翌年(1978年)、『西日本建設資材 株式会社』を改め、『株式会社 西建』へ社名変更。すでに、お客様から西建と幅広く親しまれていましたが、正式に社名としました。
また業績も高度経済成長とともに順調に推移し、この頃には売上高は15億円を突破。
こうして2代目社長のもと、新たなスタートを踏み出しました。


スペース 本社移転

1972年 福岡県久留米市東櫛原町に本社新社屋が完成。


水害

1973年 本社近郊を流れる筑後川の氾濫により浸水の被害を受ける。


機材センター

1978年 鳥栖第一機材センター開設


株式会社西建

1978年 「株式会社 西建」へ社名変更

2代目稲富社長は、信頼と技術、そして優れた人材をもとに
"地域のためになる体制づくり"を目指した。