ホーム > 企業情報 > 会社沿革 > 1981年〜1990年
スペース

企業情報

Company Information

株式会社ニシケン 会社沿革

1981年〜1990年

ライン

2代目稲富社長のもと

株式会社 西建は着実な成長を続ける


四角年表

ライン

・1982年(昭和57年)

  「建設機械大展示会」を開催

・1983年(昭和58年)

  高所作業車のレンタル開始

・1984年(昭和59年)

  同業者に先駆けて、大型パワーショベル0.7m3を導入

・1985年(昭和60年)

  創立25周年を記念して「西建ジャンボフェア25」を開催

・1986年(昭和61年)

  長崎県西彼杵郡に営業所を開設、長崎県へ進出

・1987年(昭和62年)

  仮設トイレ・ハウスのレンタルを目的として
  (株)ユニオンを設立


四角ニシケンのあゆみ

ライン

稲富社長は、「必要なモノを必要な時に、必要な場所に」というサービス理念を掲げ、日田、竹田、八女、武雄、伊万里、八代、熊本、佐世保、大分など各地に営業所を開設し、サービスエリアの充実を図りました。
また、高所作業車、大型パワーショベル、仮設トイレやハウスなどのレンタル商品を次々に導入し、ますます業務を拡大していきました。
その頃の社会情勢は1985年のいわゆるプラザ合意以降、我が国はバブル経済に突入し、それに伴い建設市場も活況を呈していきました。
西建も1990年には売上高77億円を記録。1985年の売上高が36億円だったことを考えると、1980年代後半のわずか5年間で売上高は2倍強と高成長ぶりを示しました。


スペース 西建ジャンボフェア

1985年 創立25周年を記念して、「西建ジャンボフェア25」を開催


西建ジャンボフェア

「西建ジャンボフェア25」では、ありとあらゆる建設機械を大規模に展示


長崎機材センター

1986年 長崎機材センターを開設するなど、80年代はサービスネットワークの広がりを見せる


救急車寄贈

1990年 創立30周年を記念して、久留米市に救急車を寄贈

「必要なモノを、必要な時に、必要な場所に」
サービスエリアの拡大と商品の充実を図った。