ホーム > 企業情報 > 会社沿革 > 2001年〜2010年
スペース

企業情報

Company Information

株式会社ニシケン 会社沿革

2001年〜2010年

ライン

3代目水田社長のもと

「建設 vs 福祉・環境・食」への新たな挑戦
新産業の拡大のもと全国へ進出


四角年表

ライン

・2001年(平成13年)

  『株式会社ニシケン』に商号を変更
  佐賀県みやき町に総合センターを開設
  グラフィック事業スタート

・2002年(平成14年)

  福岡県宮若市に福岡センターを開設
  鹿児島県姶良郡に営業所を開設、鹿児島県へ進出

・2003年(平成15年)

  環境事業をスタート

・2004年(平成16年)

  山口県防府市に営業所を開設、山口県へ進出

・2006年(平成18年)

  「New未来ビジョン」を発表
  「06中長期五ヶ年経営計画」をスタート
  「ニシケングループ企業行動憲章」を制定
  ペット事業をスタート

・2007年(平成19年)

  岡山県岡山市に営業所を開設、岡山県へ進出

・2008年(平成20年)

  BCM(事業継続)発表

・2010年(平成22年)

  創立50周年
  大阪府東大阪市に営業所を開設、大阪府へ進出
  兵庫県西宮市に営業所を開設、兵庫県へ進出
  創立50周年記念未来創造展開催


四角ニシケンのあゆみ

ライン

2001年、21世紀を迎えた西建は社名を漢字の「西建」からカタカナの「ニシケン」へ変更します。社名からあえて漢字の「建」の字をはずし、トータルソリューション企業としての方向性を明確にしました。この社名変更は、第二の創業ともいうべき出来事であり、3代目水田社長のもと、この頃から社会環境変化を見据えた事業展開が急速に進みます。
さらに2001年、レンタル業として品質水準のさらなる向上を目指し、佐賀県みやき町に総合センターを開設。同センターは、主に建設事業の整備と物流の拠点として活用しています。
また同年、グラフィック事業を開始。大型室内外広告サインやバスラッピングなどを企画製作するこの事業は、あらゆる業界が顧客となる可能性を秘め、建設以外の分野でのニシケンブランドの浸透が期待されています。
2003年、環境事業をスタート。各種環境関連機器のレンタル・販売を行っています。
2006年、新たに「NEWニシケン未来ビジョン」を発表し、RE-DESIGN(事業構造の再設計)を2010年の創立50周年をめどに進めていきます。
またこの年、大分営業所と柳川営業所の移転を機に、ペットグッズ販売や愛犬のためのコイン式バスシステムの運営、トリミングをはじめとするペット美容を行うペット事業(店舗名:アコルくんのペットショップ)をスタートさせました。
1960年、日本初の「建設機材レンタル会社」として誕生したニシケン。しかし今、その事業領域は「建設」という枠を超えて福祉や環境におよび、あらゆるニーズに対応する総合レンタル企業へと成長しました。
さらに私たちはグラフィックや食、そしてペット産業にも進出。地域に根ざす「トータルソリューション企業」「環境社会適応型企業」としてその活路を見いだしています。
ニシケンの強さは、時代の変化を読み取る確かな目。そしてみずからを変革する能力。
これからも私たちは地域環境社会の未来のため、総合的な役割を担うべく、さらに進化を続けていきます。


スペース グラフィック事業

2001年 新たな取り組みとしてグラフィック事業をスタート


博多営業所

2004年 福岡市における戦略的拠点として博多営業所を開設


オープニングイベント

また、博多営業所のオープニングイベントを盛大に実施。ニシケンの今をアピールする格好の場となりました。


環境展

2004年 環境分野におけるニシケンの認知度を高めるために、福岡マリンメッセで行われ国内最大規模の環境分野の展示会「NEW環境展」に出展しました。


アコルくん

2004年「アコルくん」がニシケンイメージキャラクターとして正式決定。


50周年記念展示会

2010年 創立50周年を記念して久留米百年公園で「創立50周年記念未来創造展」を開催


50周年記念展示会

2010年 創立50周年を記念して久留米市へ電気自動車を寄贈


株式会社ニシケン

2001年 現在のカタカナの社名に変更

「建設 vs 福祉・環境・食」の未来ビジョンを発表
時代の変化を常に認識し、事業再設計を行います。