ホーム > 事業案内 > 建設事業 > 情報化施工 > 情報化施工について
スペース

事業案内

Business & Services

建設事業

四角情報化施工について

ライン

情報化施工タイトル
スペース

情報化施工とは

ライン
スペース

国土交通省は、平成20年7月31日に、建設施工分野におけるイノベーションを実現するICT(情報通信技術)を活用した新しい施工方法である情報化施工の普及を目指して「情報化施工推進会議」を設置しました。
情報化施工は、建設事業の調査、設計、施工、監督・検査、維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目して、ICTの活用により各プロセスから得られる電子情報を活用して高効率・高精度な施工を実現し、さらに施工で得られる電子情報を他のプロセスに活用することによって、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としたシステムの事です。

スペース

ICT(情報通信技術)とは

ライン
スペース

ICTとは「Information and Communications Technology」の略で、GPS、無線LAN、インターネット、PHS、パソコンなどの情報通信技術を使って自動化を図ることです。ICTを利用することにより建設機械を自動制御しオペレーターの操作を簡略化したり、作業自体の効率化を図ることが可能です。

スペース

情報化施工のメリット

ライン
スペース

現場作業の効率化を実現します。

現場の詳細地形データや3次元設計データを用いて、機材配置の確認や施工手順のシミュレーションを実施することによって、初期設計ミスの事前修正や施工手順の確認が可能となり、現場作業を効率的に行うことができます。


工事期間をより短くできます。

建設機械の数値制御や施工情報の統合管理技術の導入によって、建設機械の作業効率が向上するほか、目視が困難な夜間作業でも効率よく施工することが可能となり、工事期間が短縮されます。


お客様へ確実で安心できる品質を提供します。

施工データが記録されることにより、完成後も必要に応じて土木構造物の施工品質を追跡することが可能となり、確実で安心できる品質の提供につながります。


CO2の発生量を抑えます。

建設機械の作業効率が向上することで、施工量あたりの建設機械の稼働時間が短縮され、燃料消費量(CO2発生量)が低減できます。建設資材につきましても必要最低限の建設資材で施工が可能となり、建設資材の製造・調達。廃棄の全プロセスで発生するCO2の削減が期待できます。