ホーム > 事業案内 > 福祉事業 > 介護保険制度について
スペース

事業案内

Business & Services

福祉事業

四角介護保険制度について

ライン

日本社会は、かってないスピードで高齢化が進んでいます。今世紀の中頃には、国民3人のうち1人が65歳以上になるという超高齢化社会になると予想されています。介護保険制度は、寝たきりや痴呆などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常に介護の必要はないが、家事や身支度などで介護が必要な状態(要支援状態)になったとき、状況に応じて保健・医療・福祉のサービスを総合的に受けられる制度です。

スペース

介護サービスの利用対象者

ライン
スペース

介護サービスの利用対象者は、次の2種に分かれます。
1.65歳以上の方(第1号被保険者)
  原因を問わず日常生活を送るために介護や支援が必要となった場合。
2.40〜64歳の方(第2号被保険者)
  初期の痴呆や脳血管疾患など老化に伴う病気「特定疾病」が原因で、
  日常生活を送るために介護や支援が必要となった場合。

スペース

特定疾病とは?

ライン
スペース

上記の通り、介護保険制度では「特定疾病」で要介護状態となった場合も介護保険のサービスを認めています。「特定疾病」は加齢に伴って罹患する心身の変化に起因する疾病で、以下15種類あります。
 1.初老期の認知症(痴呆)(脳血管性認知症、アルツハイマー病、クロイツフェルト・ヤコブ病など)
 2.脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
 3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
 4.パーキソン病
 5.脊髄小脳変性症
 6.シャイ・ドレーガー症候群
 7.糖尿病の合併症(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害など)
 8.閉塞性動脈硬化症
 9.慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息など)
10.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
11.慢性関節リウマチ
12.後縦靭帯骨化症
13.脊柱管狭窄症
14.骨折を伴う骨粗しょう症
15.早老症(ウェルナー症候群)

スペース

介護サービスの内容

ライン
スペース

・福祉用具の貸与・購入・住宅改修
・在宅サービス 訪問介護/訪問リハビリテーション/訪問入浴介護など
・施設サービス 特別養護老人ホーム/老人保険施設/介護療養医療施設など

スペース

要介護認定の利用手続き

ライン
スペース 要介護認定の利用手続き

 −−> 拡大図はこちら(PDF形式)

スペース

ケアプランから介護給付を受けるまで

ライン
スペース ケアプランから介護給付を受けるまで

 −−> 拡大図はこちら(PDF形式)

スペース

ケアプランから新予防給付を受けるまで

ライン
スペース ケアプランから新予防給付を受けるまで

 −−> 拡大図はこちら(PDF形式)